無利息の融資ってある?無利子で借金可能な金融業者は?

MENU

無利息の融資ってある?無利子で借金する方法は?

 

無利息で融資を受けたいなら

大手金融の無利息サービス!

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外。

 

 

借りたお金を返す際は、元金の他に利息も支払わなければいけません。

 

利息は借入先である金融機関によって異なります。

 

 

金利が高ければ当然、支払う利息額は大きくなります。

 

ですので、出来るだけ金利は安い方が良いですし、無利息融資があれば尚良いですよね?

 

 

利息は「お金を貸す」という行為に対してかかる「手間賃」みたいなもので、金融業者はこれを収益としてします。

 

貸付業務を行なう金融業者からすれば、無利息の融資はタダのボランティアであり、それでは会社が成り立ちません。

 

ですから無利息の融資なんてあり得ないといえるでしょう。

 

 

しかし実はやり方によっては、「無利息融資をうける方法」というのは存在します。

 

「無利子で借金する方法などははなく、利息は必ず払わなければいけない」と思っている方は多いかもしれません。

 

そんな方のために、今回は無利息融資を受ける方法について解説していきます。

 

 

【このページの目次】

 

 

無利息の融資は存在するのか?

 

始めにお伝えした通り、貸付を業として行っている金融業者は利息を会社の利益として得ています。

 

ですので、これを無くすということは会社として成り立たなくなってしまいます。

 

ですから、基本的に金融業者で無利息の融資を行うことはありません。

 

 

ですが、何もお金を借りれるのは「貸付を主な業務としている消費者金融や銀行」だけではありません。

 

民間企業だけでなく、公共の機関でも融資をうけることは可能で、しかも「利息無し」で、つまり無利息の融資を受けることが可能です。

 

 

 

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、生活福祉協議会が提供する「生活福祉資金貸付制度」は、一定条件をクリアした方に対し、無利息の融資をしてくれます。

 

借り入れできる金額は少額ではありますが、返済猶予の期間も長いので、無理なく無利息の融資を返済していくことが出来ます。

 

 

ただし、無利息の融資であり、公共機関の制度ということもあり利用条件が非常に厳しいです。

 

遊びやギャンブル目的で利用することは、もちろんできませんし、使いみちには制限があります。

 

市区町村によって条件が微妙に異なることもあり、ややこしい点が「いかにも公的融資、無利息融資らしい」といったところでしょう。

 

 

また、生活福祉資金貸付制度に申請するために提出する書類が非常に多く、かなり手間がかかります。

 

その他、生活福祉資金貸付制度を申請してから実際にお金を借りるまでに時間がかかるのもデメリットです。

 

 

ただ、それでも無利息の融資はかなりありがたいもの。

 

生活していくためのお金が足りなくてどうしても無利息の融資がよいと困っているのであれば、お住まいの都道府県もしくは市町村の生活福祉協議会に相談してみると良いです。

 

 

 

他に無利息融資をうける方法としては、「親や兄弟など身内から借りる」です。

 

これを思いついた人は結構多いかと思います。

 

 

ちょっとして金額であれば、日常的に親や兄弟から無利息の融資をうけている人もいるでしょう。

 

お金に困ったときに親や兄弟、友人、知人に相談するのも、確かに無利息の融資の手段の1つではあります。

 

身内でのお金の貸し借りで「利息を支払う」なんてことは、早々ないのではないでしょうか?

 

 

ただ、身内から無利息の融資をうけるには十分注意しなければいけないということを、忘れてはいけません。

 

親や兄弟など身内からの無利息の融資は、どうしても軽視してしまいがちです。

 

 

金融機関からお金を借りた場合、万が一滞納したり支払いせずにいると「ブラックリスト入りしたり差し押さえされる」「最悪裁判沙汰になる」など、目に見えて起こりえるペナルティがあります。

 

ですから、何としてでも金融機関への返済はしようと思うもの。

 

 

しかし、親や兄弟へ無利息の融資を返済しなかったとしても、上記のようなリスクは全くありません。

 

その為、親や兄弟など身内への返済はどうしても軽視していまいがちになります。

 

 

 

もちろん、借りたお金は親や兄弟だろうとしっかり返す方もいらっしゃいます。

 

ですが、実際に身内間の無利息の融資が原因でトラブルになったというケースはいくつもあります。

 

 

いくら自分の親や兄弟だからといっても、無利息の融資をしてもらったものは、きちんと返すのが礼儀です。

 

自分の子供にお金を貸すのに利息を取るのは心苦しいと思う親が大半でしょうから、おそらくは無利子で貸してくれるでしょう。

 

 

しかし、無利息の融資だからといって「返済もしなくて良い」というわけでは決してありません。

 

身内からの無利息の融資であっても、きちんと返済はするようにしましょう。

 

 

その点をきちんと理解した上で親や兄弟、友人知人にお金の相談をするようにしてください。

 

決して軽々しく、無利息の融資をうけようとは思わないことですね。

 

 

大手の「無利息サービス」なら無利子で融資を受けることも!

第1位 アコム


 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外。

第2位 プロミス


 

※30日間無利息サービスはプロミスとの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録・Web明細利用も条件

 

 

お金を借りたいと思った時、「カードローンの利用」を真っ先に考える人は多いのではないでしょうか?

 

CMや雑誌等によって、以前よりも目にする機会が多くなりましたから、無理もありません。

 

カードローンはどこも金利が高めですが、即日融資が可能ですから、すぐにお金を借りたい時には非常に役立ちます。

 

 

ただ、金融機関で無利息の融資を行うことは基本的にありません。

 

しかし、条件を満たせば「無利息で融資をうける事」が実は可能です。

 

では「金融機関からどうやって無利息で融資をうけるのか?」についてや、無利子で借金する方法を解説していきます。

 

 

 

大手消費者金融や銀行の一部では「無利息の融資をうけれるカードローン」があります。

 

ただし、永久的に無利息の融資というわけではなく、「あくまでもキャンペーンの一環として行っているもの」が殆どですから、その点は勘違いされないように。

 

 

一部の大手消費者金融や銀行カードローンでは「利息ゼロキャンペーン」を定期的に行っています。

 

大手消費者金融ならプロミス・アコム・ノーローンが、銀行カードローンなら新生銀行カードローンレイクがお馴染みです。

 

 

しかし、無利息融資サービスを利用するには「条件」があります。

 

例えば、大手消費者金融の1つであるプロミスで無利息サービスを利用するには、「Eメールアドレス登録とWeb明細利用の登録」が必須となります。

 

 

このように、条件といっても極々簡単なものが多いです。

 

アコムの場合は、初めての契約で「返済期日が35日毎で契約した場合」にのみ、無利息で借り入れが可能となります。

 

 

このように、金融業者ごとに無利息サービス利用の条件が異なりますので、利用の際はよく内容を確認してからにしましょう。

 

 

 

無利息融資の適用期間も貸金業者ごとに異なります。

 

プロミス・アコム・アイフルでは、「借入日または契約日の翌日から30日間」です。

 

しかし、ノーローンは「借入翌日から1週間」と、非常に短いものも有ります。

 

 

また、レイクの場合は180日間は無利息で借り入れ可能ですが、「適用となる金額は5万円まで」と借入額に制限があるものもあります。

 

 

ちなみに、無利息キャッシングは、「一度完済すれば再度利用できる金融業者」と「初回のみしか無利息で借りれない金融業者」があります。

 

今のところ、ノーローンのみ完済すれば、再度無利息キャッシングを利用することが出来るようです。

 

ノーローン以外は一度きりとなりますので注意しましょう。

 

 

借りるなら無利息対応の

大手有名カードローン

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外。

第2位 プロミス


 

※30日間無利息サービスはプロミスとの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録・Web明細利用も条件

 

 

個人間融資での「無利息」は怪しいので注意!

 

金融機関からではなく個人からお金を借りるという人も多いかと思います。

 

個人からお金を借りる場合、普通は親や兄弟、友人など身内や親しい間柄にある人にお願いしますよね?

 

 

親や兄弟であれば血のつながっている仲なわけですからそこまで抵抗なくお金を貸してくれるでしょう。

 

また、友人や知人であっても相手のことをある程度を分かっているからこそ信頼してお金を貸してくれるわけです。

 

 

 

しかし中には、個人であっても全く知らない人からお金を借りることも可能なのです。

 

個人間融資というのを聞いたことはあるでしょうか?

 

 

これはインターネット上の掲示板を介して、「お金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス」です。

 

個人同士のお金の貸し借りですから、「親や兄弟からお金を借りるのと何ら変わりない」と思う方も中にはいるかもしれません。

 

しかしそれと大きく異なる点は、全く知らない人同士でお金の貸し借りを行なう点です。

 

 

 

個人間融資の掲示板というのは下記のようなシステムです。

 

 

インターネット上に用意された掲示板に「お金を貸しますよ」と書き込み、お金を借りたい人がその人に対し「お金を貸してください」と書き込みをします。

 

あとは当事者同士て話し合いを行い、「貸付額」や「返済日」「金利や利子」を決めて、実際にお金の貸し借りを行います。

 

 

もっとも、お金を貸す側は「予めいくらまで貸せるのか」「金利はいくらなのか」「どういった人が借りれるのか」などの利用条件等を事前に決めています。

 

ですので、それにマッチする人が利用することが出来るということになります。

 

また、条件にマッチしていても最終的に「お金を貸すかどうか?」は、貸す人の判断によります。

 

 

個人間融資は金融機関のように厳しい審査はなく、審査は極々簡単なもので審査基準は甘いです。

 

任意整理や自己破産者、長期滞納者などいわゆるブラックの人でも借りられる場合が多いです。

 

 

個人間融資の掲示板のサイトには運営者がいますが、取引に関しては一切関わりません。

 

あくまでも「借りたい人」と「貸したい人」を結びつけるだけです。

 

ですから、取引に関しては一切口出ししませんし、万が一トラブルが起きたとしても対処してくれることは一切ありません。

 

 

 

顔すらも見たこと無い人からお金を借りようとは普通は思いませんし、その逆も然りかと思います。

 

「その人が本当に信頼できるかどうか?」なんて、実際に話したり付き合ってみないと分からないものです。

 

 

ですから、普通であれば「危ない、借りないほうが良さそう」と思うところでしょう。

 

上記で説明したように、万が一トラブルが起きたとしても、サイト運営者は助けてくれません。

 

ですから、当事者同士で問題を解決しなければいけません。

 

 

そして、実際に個人間融資には詐欺やトラブルなど被害に遭ってしまっている方が非常に多いです。

 

「初めから騙すつもりで書込している人」や「個人を装って貸付を行なう悪徳業者」が多いようです。

 

 

冷静に考えれば、このようなサービスに手をだすことは無いのでしょう。

 

ですが、お金がなくて切羽詰まっているとそのような判断ができないという人もいます。

 

 

もちろん、問題なくお金の貸し借りができている人もいますが、やはり詐欺やトラブルは多いですから、できれば個人間融資の利用は避けるべきでしょう。


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須